楽しいニュースをまとめてみました。

Slackの有料プランユーザーは、1つの共有チャンネルを複数の組織と共有する「Slack Connect」を利用できるようになった。サプライチェーンとの連絡や複数の企業による共同キャンペーンの準備などに便利そうだ。