楽しいニュースをまとめてみました。

ジョナス・ブルーが、ゲストにシンガーソングライターのマックスを迎えた新曲「Naked」をリリース。同時にミュージックビデオも公開した。

今回の楽曲制作には、リトル・ミックスやワン・ダイレクションとの仕事でも知られるエド・ドルーエット、第62回グラミー賞で最優秀楽曲賞にノミネートされたルイス・キャパルディの「サムワン・ユー・ラヴド」の制作にも名を連ねたサム・ロマンスらが参加。ビデオはケイティ・ペリーやワン・リパブリックらの作品を手掛けてきたアイザック・レンツが担当している。

同曲について、ジョナス・ブルーは以下のようにコメントしている。

「「Naked」をスタジオで作るのはまるで肌で魔法を感じるような創作体験だったね、一気に構成がハマって、とても自然に作り上げられたんだ。この曲は楽しさ、ポジティブな気持ち、そして何も気にしなくて良いという気楽さが合わさったような曲だけど、少しだけ人を誘惑するといった要素も入っているんだ。マックスとこの曲は完璧な組み合わせだったよ。彼は繊細な感受性と自信に満ちていて、「Naked」をこれ以上ないくらい完璧なものにしてくれた。曲の些細な感情を掴んでいたね。世界にこの新曲をシェアできるのが待ちきれないよ」