楽しいニュースをまとめてみました。

SEVENTEENが6月22日(月)にリリースした韓国7thミニアルバム『Heng:garæ』 (ヨミ:ヘンガレ)が、6月30日発表の最新「オリコン週間アルバムランキング」にて初週10.1万枚を売り上げ、初登場1位を獲得した。

これで2019年2月4日付の6thミニアルバム『YOU MADE MY DAWN』、2019年10月14日付の3rdアルバム『An Ode』に続き、3作連続、通算3作目の1位を記録し、海外男性アーティストによる3作連続アルバム1位獲得は、1971年7月12日付のサイモン&ガーファンクル、1977年7月25日付のベイ・シティ・ローラーズ以来、42年11か月ぶり、史上3組目の大記録となる。

本作ミニアルバム『Heng:garæ』は、青春をテーマに、メンバーのウジが曲作り全般を担当し、バーノンも作詞に参加したリード曲「Left & Right」を含む全6曲を収録。「Left & Right」は、右往左往しながらも夢に向かって挑戦する若者たちに向けた楽曲で、ミュージックビデオでは、運動場や街中などで右往左往するメンバーのコミカルな姿と、様々なシーンで披露している完成度の高いダンスパフォーマンスが見どころとなっている。こちらのMVは公式同YouTubeチャンネルでの再生数は6月29日現在で3,000万回を超えている。

■SEVENTEENメンバーコメント

僕たちSEVENTEENの7TH MINI ALUBUM「Heng:garæ」がオリコン週間アルバムランキング1位を獲得したというニュースを聞き、メンバー一同大変嬉しく思うと同時に、CARATの皆様をはじめ、応援していただいている全ての皆様の大きな愛に心から感謝致します。
この「Heng:garæ」というアルバムは、夢に向かって挑戦する、青春を過ごす方達へのエールを込めたアルバムなので、聴いていただいた皆様の力に少しでもなれば本当に嬉しいですし、僕たちも今後さらに皆様に良い音楽・パフォーマンスを届けられるように努力していきます。
これからも、宜しくお願い致します。