楽しいニュースをまとめてみました。

指揮者の原田慶太楼が2021年4月1日より、東京交響楽団の正指揮者に就任することが決定した。任期は2024年3月末までの3年間となる。

東京交響楽団とは、2016年11月のフレッシュ名曲コンサートでデビューを果たして以来、TV番組「題名のない音楽会」、学校での音楽鑑賞会等、多岐にわたるプログラムで共演してきた。2020年3月と6月には、無観客動画配信『東京交響楽団Live from Muza!』へ出演し、その指揮に加え、わかりやすい解説とナビゲートも好評を博した。来年4月の就任コンサートでは、ショスタコーヴィチ第10番他を予定している。

また、2020年シーズンからはアメリカジョージア州サヴァンナ・フィルハーモニックの音楽&芸術監督にも就任を予定しており、世界各地で目覚しい活躍をしている原田の今後の活動に注目したい。