楽しいニュースをまとめてみました。

本日・2020年7月14日(火)、レコチョクが展開する音楽配信サービス、ダウンロード部門「レコチョク上半期ランキング2020」、ストリーミング部門「レコチョク上半期サブスクランキング2020」「dヒッツ(R) powered by レコチョク(以下、dヒッツ)上半期ランキング2020」、計3つの上半期のランキングを発表した(集計期間:2020年1月1日~2020年6月30日)。

2020年上半期ランキングでは、Official髭男dismが初めてダウンロード、ストリーミング(サブスク、dヒッツ)の3部門を制覇するという快挙を成し遂げた。レコチョクが展開する音楽配信サービスにおいてOfficial髭男dismは、2018年4月期のドラマ『コンフィデンスマンJP』主題歌だった「ノーダウト」、2019年5月公開の映画版『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』主題歌「Pretender」、2019 ABC 夏の高校野球応援ソング/『熱闘甲子園』テーマソング「宿命」、「イエスタデイ」(劇場アニメ『HELLO WORLD」』主題歌)など多くの楽曲が上位にランクインしている。
メジャーファースト・アルバム『Traveler』が2019年10月9日(水)にリリースされ、年末のNHK総合『第70回紅白歌合戦』初出場をはじめ、大型テレビ番組への出演でさらに注目が集まり、2020年、1月のTBS系火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』主題歌として書き下ろされた「I LOVE…」が1月15日(水)に先行配信開始されると、ダウンロード、ストリーミングなどさまざまなサービスで楽曲が視聴された。常に複数楽曲がランキング上位にランクイン、各サービスでの「アーティストランキング」1位、「I LOVE…」は、レコチョクランキング(シングル)1位、myヒッツランキング1位、「Pretender」は「再生回数ランキング」1位を獲得。

ダウンロード部門「レコチョク上半期ランキング2020」では、King Gnu『CEREMONY』が「アルバムランキング」「ハイレゾアルバムランキング」1位を受賞。1月15日(水)にリリースされた本作は、昨年2月に配信リリースされて以来ロングヒットを記録中の「白日」(日本テレビ系土曜ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』主題歌)をはじめ、「Teenager Forever」(ソニー ワイヤレスヘッドホン/ウォークマン CMソング)など話題曲を含む全12曲を収録している。なお「白日」は、「レコチョク上半期ランキング2020」(ダウンロード)の「レコチョクランキング(シングル)」「ハイレゾシングルランキング」でも4位、「レコチョク上半期サブスクランキング2020」の「再生回数ランキング」でも4位とロングヒットとなっている。

King Gnu

King Gnu

ダウンロード部門「レコチョク上半期ランキング2020」、ストリーミング部門「レコチョク上半期サブスクランキング2020」において、「新人アーティストランキング」は、藤井 風が1位を獲得した。藤井 風は岡山出身のミュージシャン。昨年11月、オリジナル音源リリース前にもかかわらず、LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)でのワンマンライブのチケットが即完。2020年1月24日(金)に初のオリジナル音源となるデジタルEP『何なんw EP』を、2月21日(金)にはセカンドデジタルEP『もうええわ EP』を、5月20日(水)には1st Album『HELP EVER HURT NEVER』をリリースし、作詞作曲は全曲 藤井 風が行なっている。MVがYouTubeへ公開されると、耳の早いリスナーだけでなく、様々なジャンルのクリエイター陣も注目。特に、アルバム収録曲でもある「優しさ」はSNSでも話題になり、シングル楽曲としてもロングヒットを続けている。シングル、ハイレゾ楽曲を集計対象としたダウンロード、再生回数によるレコチョクサブスク、両部門で1位を獲得、2020年上半期の新人アーティストランキングを制した。

受賞コメント

Thank you for listening to my songs on レコチョク a lot 言うてますけどmore。
この2020上半期という大変な時代に、わしの曲が色んな人に寄り添えたなら、こんなにありがたいことはありません!God bless us!
藤井 風

藤井 風

藤井 風

ダウンロード部門「レコチョク上半期ランキング2020」、ストリーミング部門「レコチョク上半期サブスクランキング2020」で、「洋楽ランキング」はビリー・アイリッシュ「bad guy」が1位を獲得した。2019年3月にリリースされたデビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』のリード・シングルとなる「bad guy」。ダウンロード、ストリーミングでのロングヒットを続けていたが、2020年1月開催の「第62回グラミー賞」で、史上最年少18歳で、年間最優秀レコード、年間最優秀アルバム、年間最優秀楽曲、最優秀新人賞の主要4部門に加えて合計5部門を受賞したことで、さらに注目を集めた。2020年1月期の新日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の主題歌にも起用され、国内での注目も高まる中、ダウンロード、レコチョクサブスクにて洋楽ランキング1位を獲得した。

ビリー・アイリッシュ

ビリー・アイリッシュ

ダウンロード部門「レコチョク上半期ランキング2020」「ハイレゾシングルランキング」は、LiSA「紅蓮華」が1位を獲得。LiSA15枚目のシングル「紅蓮華」はアニメ『鬼滅の刃』OPテーマ曲。週刊少年ジャンプ連載の大人気漫画原作のアニメとタッグを組んだ本作は2019年7月3日(水)のCDリリースに先駆け、4月22日(月)に先行配信リリース。LiSA作詞のこの楽曲は、「レコチョク年間ランキング2019」において「ハイレゾシングルランキング」1位を獲得、ロングヒットとなった。社会現象となったTVアニメ『鬼滅の刃』では2クール通してOPテーマに使用され、『紅白歌合戦』歌唱時には背景にアニメ映像が使用されるなど、アニメとの相乗効果もあり、配信リリースから1年以上にわたりロングヒットを続けている。また、「紅蓮華」は、「レコチョクランキング(シングル)」2位、「レコチョク上半期サブスクランキング2020」の「再生回数ランキング」3位、「dヒッツ上半期ランキング2020」の「myヒッツランキング」でも2位にランクインしている。

▼受賞コメント

曲に込めた願いのように、何度も何度も咲き誇る紅蓮華。
ハイレゾで楽曲に込めた細かい息遣いや空気までたくさんの方に届いてとても嬉しいです。
皆様の心でも、何度も咲き誇れますように。
長くたくさんの方に愛していただいてありがとうございます。
LiSA

LiSA

LiSA