楽しいニュースをまとめてみました。

2021年早春公開の映画『哀愁しんでれら』にて、メインキャストとして田中圭が出演していることがわかった。

『哀愁しんでれら』は、次世代のクリエイター発掘のためのコンペティション『TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM』で2016年のグランプリを受賞した企画を、監督自身の完全オリジナル脚本で映画化するもの。ドラマ『時をかける少女』(日本テレビ系)や、映画『3月のライオン』『ビブリア古書堂の事件手帖』などの脚本を手掛けた渡部亮平氏がメガホンをとる。渡部氏は、監督としては自主製作映画『かしこい狗は、吠えずに笑う』で『ぴあフィルムフェスティバル』のエンタテインメント賞(ホリプロ賞)と映画ファン賞(ぴあ映画生活賞)などを受賞している。

主演の土屋太鳳は、市役所に勤める女性・福浦小春を演じる。突然の不幸にあい、すべてを失った小春は、8歳の娘を男手ひとつで育てる開業医と出会い、どん底から一気に幸せに。娘と共に幸せな家庭を築いていこうと決意し、結婚生活を始めるのだが、ある日凶悪事件を起こしてしまうという。

新たに出演が決定した田中が演じるのは、小春が出会う開業医・泉澤大悟。優しく裕福なは大悟は、どん底にあった小春に“救いの手を差し伸べる”という役どころ。しかし、彼には小春の知らない裏の顔があるという。その後に起きる事件とは、どのような関係にあるのか。解禁された場面写真では、小春と大悟が大勢に祝福される姿が収められている。

田中は、主演の土屋との映画共演は今回で三度目。土屋は「大悟さんは田中圭さん。と聞いた瞬間、心の中で急に何かがすごく納得して、パズルのピースが合ったような感覚になりました。『圭さんが演じる大悟さんに小春として出会いたい』と感じたのと『やります』と答えたのが、同時でした」と明かしている。

田中のコメントは以下のとおり。

 

田中圭(泉澤大悟役)

田中圭

田中圭

人は常に何かの選択をしていて、その時には決して間違った選択ではないはずなのに、その選択が少しずつ本人を蝕んでいってしまうストーリーがゾッとする程おもしろく、恐ろしく、他人事ではないかもしれない世界に飛び込んでみたいと脚本を読んで思いました。そして、何よりも土屋太鳳さんという女優がこの作品に挑戦する事にとんでもなくワクワクしました!近くで見てみたいと思い、お話を受けさせていただきました。久々の共演になる土屋太鳳さんは相変わらず天使のようでした。彼女の独特の感覚は本当に毎度唸るほどに面白く、刺激的な毎日でした。しかし、当然小春は土屋太鳳さんではなく。彼女が毎日必死に生きた小春を是非楽しみにしていてください!小春の選択はどこで狂ったのか。皆さんに責められますか?劇場でお待ちしております!

『哀愁しんでれら』は2021年早春全国公開。