楽しいニュースをまとめてみました。

 

2020年12月24日(火)~12月27日(金)東京・なかのZERO 大ホールにて上演される舞台『ROAD59 -新時代任侠特区-』のキャストビジュアル第1弾が公開された。

本作は「任侠物」をテーマにしたブシロード発のメディアミックスプロジェクトの第一弾となる舞台。東京にある眠らない街・天海区を舞台に、「ジンギ」と呼ばれる任侠者たちの姿を描く。「ジンギ」は4つの組織、時代のしがらみにとらわれず、自由を生きる「春雲組(しののめぐみ)」。家族のような絆を持ち、伝統を重んじる「狛浪組(はくろうぐみ)」。金と権力でのし上がった、飛ぶ鳥も落とす勢いの「黒条組(くろじょうぐみ)」。世界規模の繋がりを持つ、海外マフィアの連合組織「PHOENIX(フェニックス)」に分かれており、勢力争いを繰り広げている。そんな中、かつてジンギが持っていた神と等しい力を手にできるというある血の情報がもたらされ、かつてない抗争の火ぶたが切って落とされるという物語だ。チケットの一般発売は11月8日(日)10:00より受付開始だ。 

■八薙 バクト(演:君沢ユウキ)

八薙 バクト(演:君沢ユウキ)

八薙 バクト(演:君沢ユウキ)

<キャラクタープロフィール>
人を食ったような立ち居振る舞いで相手を翻弄する男。
トラブルを解決するぶっ飛んだ行動力は、 周囲を辟易させながらも同時に頼りにされている。
何事も適当に済ませる性格に見えてやる時はやる、 春雲組の実質的なリーダー。

■氷室 ショウ(演:砂川脩弥)

氷室 ショウ(演:砂川脩弥)

氷室 ショウ(演:砂川脩弥)

<キャラクタープロフィール>
周りの期待に抗えず、 組の伝統と格式を背負わされ、 不本意ながら極道の道を歩んでいる悩み多き狛浪組の若き組長代行。
厳しい姉とわがままな妹に挟まれ、 言いたいこともなかなか口にできず、 眉間のしわがますます深くなる……。

■皇 賢誠(演:井上正大)

皇 賢誠(演:井上正大)

皇 賢誠(演:井上正大)

<キャラクタープロフィール>
傲岸不遜な態度で他者を見下す黒条組の組長。
余裕の笑みを浮かべた双眸の奥には冷酷な光を宿す。
天海区の都市開発などを手掛ける大企業のトップという表向きの顔も持つ。
独裁的かつ強引に裏社会を一気に駆け上がるそのやり方に、 不満や恨みを抱く者も多い。

■ベネディクト・ロレンツォ・ヴァザーリ(演:蒼井翔太)(映像出演)​

ベネディクト・ロレンツォ・ヴァザーリ(演:蒼井翔太)(映像出演)

ベネディクト・ロレンツォ・ヴァザーリ(演:蒼井翔太)(映像出演)

<キャラクタープロフィール>
海外マフィアの連合組織「PHOENIX」の日本支部リーダー。
奇抜なメイクやファッションが毒々しい煌びやかさを放つ、 イタリアから来た男。
組織上層部の命令により「夜真多大蛇(やまたのおろち)の首」を手に入れるべく、 天海区掌握計画の指揮を執るが、 独特な言葉遣いや奇異な挙動により、 同組織の幹部から「理解不能」と不評を買っている。
それでも重要任務を任せられるのは、 合理的な判断力と確かな実力があるからである。

【世界観あらすじ】

東京湾に浮かぶ近未来都市、 天海区。
きらびやかに見える街の陰では、 任侠者たちが信念と生き様を賭けてシノギを削っていた。

 “親”から“子”へ、 “兄”から“弟”へ…
彼らは「神祇(ジンギ)の盃」という儀式をもってその血に秘められた“力”を分け与え、 受け継いできた。

父の死の知らせを聞き、 久しく離れていた故郷の天海区へと戻った八薙バクト(演:君沢ユウキ)。

もとより長居するつもりはなかった──
「狛浪組」と出会い、 父が裏社会に繋がりがあったとに聞かされるまでは。

一方、 「黒条組」に追われる少女──華夜(演:河内美里)。
自分がジンギに狙われる覚えはないはず…天海区を逃げ惑う中、 「春雲組」に助けられる。

時を同じくして第4の脅威が姿を現す。
「PHOENIX」──天海区の利権を奪おうとする組織。

いよいよ血煙濃くなる天海区。
時代のしがらみにとらわれない、 自由を生きる「春雲組」。
家族のような絆を持ち、 伝統を重んじる「狛浪組」。
金と権力でのし上がり、 飛ぶ鳥も落とす勢いの「黒条組」。
世界規模の繋がりを持つ、 海外マフィアの連合組織「PHOENIX」。

欲望渦巻く摩天楼を舞台に、 4つの組織の思惑が絡み合い、 全ての状況が加速していく