楽しいニュースをまとめてみました。

1: 風吹けば名無し 2021/11/26(金) 19:38:13.15 ID:bXrkBd00r
トルコ 通貨のリラが史上最安値を更新 政権への批判高まる https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211125/amp/k10013360781000.html 中東のトルコでは、中央銀行が3か月続けて政策金利の引き下げに踏み切った…

キャプチャ
1: 風吹けば名無し 2021/11/26(金) 19:38:13.15 ID:bXrkBd00r
トルコ 通貨のリラが史上最安値を更新 政権への批判高まる
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211125/amp/k10013360781000.html

中東のトルコでは、中央銀行が3か月続けて政策金利の引き下げに踏み切ったことなどを受けて通貨リラの暴落が続いていて、23日には史上最安値を更新しました。物価の高騰が続く中、国民の間では利下げを容認するエルドアン政権への批判が高まっていて、混乱が広がっています。
トルコ中央銀行は今月18日、主要な政策金利を3か月連続で引き下げました。

これを受けて利下げを支持する立場のエルドアン大統領は22日、「政策金利を低く保つことに満足している」と述べ、中央銀行の決定を容認する考えを改めて示しました。

ただ、大統領の発言を受けた23日に通貨リラは、1ドル13リラ台半ば、前日に比べて15%暴落し、史上最安値を更新しました。

トルコでは、消費者物価の上昇率が20%ほどと厳しいインフレが続いていて、国民の間では、利下げが輸入品などを中心にさらなる物価の高騰を招くと懸念が高まっています。

最大都市イスタンブールでは24日、「あなたの民主主義は独裁主義だ」などと書かれたプラカードを持った人がエルドアン政権の退陣を求めて抗議し警察と小競り合いになりました。

また首都アンカラでは、燃料の値上がりを警戒してガソリンスタンドに長蛇の列ができるなど、さらなる通貨安と物価の高騰に備える動きも出ています。

エルドアン大統領はかねてから、高い金利は経済を冷やすと主張していますが、国民の間で不満が高まる中、このまま低金利の政策を続けるのか関心が集まっています。

2: 風吹けば名無し 2021/11/26(金) 19:38:28.73 ID:QxKVxRgxr

4: 風吹けば名無し 2021/11/26(金) 19:38:47.42 ID:d1Q6Me1Gd
早く法定通貨をビットコインにした方が良い
割とマジで

5: 風吹けば名無し 2021/11/26(金) 19:38:48.11 ID:gslOaQAar
日本「円安来いぃいいいいいいいい!!!!」


続きを読む