楽しいニュースをまとめてみました。

2021年12月22日(水)東京国際フォーラム・ホールCにて行われる、劇団ハイバイ主宰 岩井秀人がプロデュースする、 初見の台本読みライブ『いきなり本読み!』。この度、本公演に皆川猿時岸井ゆきの大東駿介加藤諒の4名が出演することが決定した。

チケットは本日よりイープラスにて、一般発売前、最後の先行販売の受付がスタート。出演者発表を受けて、枚数限定で選べる良席保証、特製台本がついたプレミアムチケットの再販も決定。

なお、今回、出演者はさらにもう1名(鋭意キャスティング中)増えることが決まり、計5名+岩井秀人による、年末拡大版でおくる。

岩井秀人よりメッセージ

この『いきなり本読み!』、 昨年2月に、コロナとほぼ同時に産声をあげ、200人キャパから1年経たずに1500人キャパへと大躍進。
そして迎えた2年目である今年は、 宮藤官九郎さんを演出にお招きして生配信、そしてWOWOWでのシリーズ放送もめちゃんこ評判がよく、
「本番の俳優だけじゃなく、稽古場の俳優たちの雰囲気も伝えたい」という、
なかなかシックな主張が、お客さんたちに喜んでもらえたのだと、自負っております。

「自負っております 」って良いですね。みんなも使ってください。打ち間違えただけだけど。

さて、 今年の国際フォーラムでの『本読み!』ですが、一番のニュースは、
「神木隆之介くんが、出ない。と見せかけて、出る、と見せかけて 出ない」
ところでしょうか。
企画発足時から神ボーイ神木くんには、もう一人のプロデューサーとして、いろいろなアイデアを貰って来たのですが、今回こそは本気で予定がダメとのこと。

しかし、そんな神木不足を補って余りある強力な布陣で、蔓延する「なんだかな~!」な雰囲気の年末を笑い飛ばせればと思います!

皆川猿時さんには第1回に参加してもらって、劇場が揺れるほど笑わせてもらいました。
元々、 この『本読み!』は、稽古場での皆川さんを見て思いついたと言っても過言ではないのです!
ありがとう皆川さん! そしてこれからもおんぶに抱っこします!
初回、WOWOW版を経て、3回目の出場です! めちゃ楽しみ!

岸井ゆきのさんも第1回以来の出場でございます。
もう言わずもがなの実力派でして、 皆川さんと同じく
「本当に初見か?」と、毎回のように疑いがかかるレベルなので、
それだけでも必見です! 切ないシーンとか大事なシーンは頼んだぞ!

大東駿介さんは、松尾スズキさんの映画でご一緒させてもらって、
軽薄なのに背後にうっすらと横たわる「仕方なさ」みたいなのが、ずっと気になってて、 それ以降あちこちで見ては「そんなことも出来るんだ!」と驚かされております!
果たして初見でもその「仕方なさ」が飛び出すのか!

加藤諒さんも初出場となります!
僕が思う良い俳優さんって、
「年齢や性別が吹き飛んでいる」
なのですが、まさに加藤さんは5歳と言われれば「そっか」と思えるし、
「実は70歳のおばあちゃんなんです」と言われれば、
「お~、 そうでしたか!お若いですね!」と言いかねない雰囲気が大好きで、
きっと初見でもあの明るいオーラを放ったまま、
受け取る側に遊びに満ちた自由な想像を与えてくれることと思います!

そしてもう一人は、まだ決まってません!
いつもながらの鋭意キャスティング中でございます!

いずれにしても、年の瀬にこれ以上なく縁起の良さそうな福の神たちが集まったかと思います。
残り一人が決まり、七福神ならぬ「五福神」として、
舞台上にて初めてご対面の台本に全身で飛び込んで大怪我しながら笑っていただく所存です!

よろしくお待ちしております。