楽しいニュースをまとめてみました。

2021年12月東京・大阪にて上演される舞台『あいつが上手で下手が僕で』のキービジュアル・あらすじが解禁となった。併せて、Huluストアとイープラス「Streaming+」にて、東京公演初日、大阪公演千秋楽を含む5公演が生配信されることが決定した。視聴チケットは本日11月26日(金)18:00より販売開始。

毎週水曜深夜24:59~日本テレビほかにて放送中のオリジナルドラマ『あいつが上手(かみて)で下手(しもて)が僕で』。荒牧慶彦が主演を務め、若手俳優たちが共演していることでも注目を集めている本作は、寂れたお笑いライブハウス「湘南劇場」へ島流しされた8人の芸人たちが劇場からの脱出のために奮闘する、芸人青春群像劇だ。

今回解禁となった舞台キービジュアルは、各コンビのボケとツッコミがアイコンタクトを取った、コンビのカラーが感じられるビジュアル。ドラマでは、閉館宣告された湘南劇場が、最終公演での盛り上がりから閉館が取り消されるというシーンで幕を下ろしたが、舞台では、賞レースに向けたシーンから物語が始まる。湘南劇場脱出を果たすために準備をする各コンビ。そんな中、劇場を立て直すためにやって来た新たな支配人、そして先輩お笑いコンビ・劇場スタッフも登場し、8人の芸人たちを巻き込んだ強引な経営戦略が始まる。動画投稿SNSでバズらせるために即席シャッフルコンビの結成を命じられるなど、大喧嘩に解散騒動と新たな危機が彼らを襲う。舞台では、ドラマでは観ることが出来なかったドラマでは観ることが出来なかった各コンビのフルバージョンのネタが披露されるという。

あらすじ

38(サンパチ)ファンタジスタ。それは一夜にしてお笑い芸人たちの人生を変える、夢の賞レース。
そんな賞レースを控えた湘南劇場では、いつもの調子でエクソダスが漫才を披露していた。
しかし、ひょんなことから他のコンビをも巻き込んだ、しっちゃかめっちゃかの大騒動に!
騒ぎの中、サカタと名乗る新支配人が現れ、無理やり幕を下ろし仕切り始める。
湘南劇場を立て直すというサカタは、今のコンビの相性は最悪、バズるためにはSNSだ!と強引にコンビをシャッフルさせる。
メンバー達は、即席コンビを組まされ動画投稿SNSでのブレイクを課せられる。
「バラバラ」になったコンビたちは、予期せぬ事態の連発で…。
コンビ解散の危機、そして目前に迫り来る賞レース。芸人たちの運命は、果たして…!