楽しいニュースをまとめてみました。

[2021年成績]セ2位 77勝56敗10分、打率.247、防御率3.30 前半戦首位独走も5厘差で涙を飲んだ2021年のメンバーと大きな入れ替えはない。ただその中でも大きな変化は、絶対的な投球を見せたクローザーのロベルト・スアレスが去ったことだ。この穴を、新外国人のウィルカーソ…阪神タイガース

[2021年成績]セ2位 77勝56敗10分、打率.247、防御率3.30

 前半戦首位独走も5厘差で涙を飲んだ2021年のメンバーと大きな入れ替えはない。ただその中でも大きな変化は、絶対的な投球を見せたクローザーのロベルト・スアレスが去ったことだ。この穴を、新外国人のウィルカーソンかケラーで埋めることができれば、昨年同様の戦い方ができそうだ。

 先発陣も安定感は抜群で、ここにエース・西勇輝が復活し、昨季ウエスタンで10勝1敗の2年目、村上頌樹などが出てくると面白い。中継ぎ陣はアルカンタラや岩崎優などの安定感のある布陣にどれだけ若手が入ってこられるかで、さらに充実した投手陣が出来上がりそうだ。だからこそ、クローザーが決まれば強力布陣になる。

 野手陣は梅野隆太郎が残留したことは大きい。坂本誠志郎と2人で扇の要を守ることで、より安定した戦いができるはずだ。野手陣では今のところ新助っ人は獲得の予定なし。ジェフリー・マルテとロハス・ジュニアが残留し、打線の安定を図る。野手では島田海吏や小幡竜平などの若手も伸びてきており、底上げは十分。これに2年目の佐藤輝明が、1年目以上の打撃を発揮すれば、17年ぶりVの視界ははっきりと見えてくる。

全文を読む
https://news.yahoo.co.jp/articles/a03d63665155cd03bcf1c9670d5e635e9e575156

1: 風吹けば名無し eme***** 2時間前
気付けば阪神は若いチームだね。
特に野手のレギュラーで30代は梅野、糸原(今年30)の二人のみ。
井上、小幡らの若手がここらでスタメン獲れる様になるとかなり若手と中堅のバランスが良くなって編成的にも余裕が出てくる所。
他にも島田なんかにも全然チャンスあると思うし、背水の陣だと思うけど高山には何とか少ないチャンス掴んで欲しいかな。

2: 風吹けば名無し hft***** 3時間前
阪神は、この10年のうちたしか半数くらいは最多セーブ取っているから、外国人投手を見極める目はあると思います。

8: 風吹けば名無し fzd***** 2時間前
抑えよりやっぱ打線だわな
野手外人が獲得できなかったから、ロハス、マルテ
にかかる期待は大きいがロハスが不安すぎる


続きを読む