楽しいニュースをまとめてみました。

2019年に活動休止したアンティック-珈琲店-が、バンド結成20周年イヤーにあたる2023年1月5日(木)、6日(金)にZepp Haneda(TOKYO)にて復活ライブを行うことが決定した。
 
2003年に結成されたアンティック-珈琲店-は、“原宿系ダンス・ロック・バンド”として歌って踊れるダンスロックを展開。その活動は国内にとどまらず、2008年には初となる大規模な国外ツアーを敢行するなど、ヨーロッパを中心にアメリカ・アジアと世界を股にかけて活動。2010年1月4日(月)には日本武道館ライブ開催、その後約2年半の活動休止を経て2012年4月に再始動。二度目の日本武道館公演を2014年1月4日(土)に開催したが、2019年1月5日(土)、6日(日)開催のEX THEATER ROPPONGI 公演をもって活動休止。
 
活動休止後は、各自の夢や目標に向かって別々の道を歩んできた彼らだが、『OSAKA MUSE 35周年イベント“OUR CANVAS”』(2022年6月24日(金)開催)への出演をきっかけに、Zepp Haneda(TOKYO)での2デイズワンマンライブが決定、メンバー5人完全体での復活ライブとなる。

チケットは、本日・6月24日(金)21:00より、オフィシャル先行受付が開始する。

アンティック-珈琲店- コメント

2019年1月5日(土)、6日(日)開催のEX THEATER ROPPONGI 公演をもって活動休止中のアンティック-珈琲店-ですが、バンド結成20周年イヤーとなる2023年1月5日(木)、6日(金)にZepp Haneda(TOKYO)にて復活ライブを行うことをご報告させていただきます。

当時僕らは、アンティック-珈琲店-やメンバーを取り巻く環境の変化と共に人生の岐路に立たされ、お互いの気持ちを尊重して“活動休止”という形を取らせていただきました。それによって応援してくださる皆さまには悲しい思いをさせ、傷つけてしまったという罪悪感を抱きながらも、新たな夢や目標に向かって別々の道を歩き出しました。そして、音楽活動を継続する者、音楽の世界から離れて異業種に就いた者──それぞれが選択した道を信じて歩んできました。 そんな中でも時折思い出すのは“アンティック-珈琲店-”、そして“カフェっ仔(ファンの愛称)”とのことでした。

『OSAKA MUSE 35周年イベント』出演へのお誘いをきっかけに、“またアンティック-珈琲店-としてステージに立ちたい、カフェっ仔と一緒に楽しい時間を過ごしたい”というメンバー全員の想いが1つとなり、バンド結成20周年イヤーに復活ライブをさせていただく運びとなりました。 Zepp Haneda(TOKYO)での公演は、みく、takuya、カノン、ゆうき、輝喜の5人完全体でのライブとなります。

キラキラとした輝きと、歌って踊れる躍動感ある、最高にハッピーな“アンティック-珈琲店-らしい”ステージをお届けするつもりです。きっと、ファンの皆さまそれぞれが思い描く“あの日のアンティック-珈琲店-”、“あの日の自分”に出逢えると思います。 Zepp Haneda(TOKYO)での公演以降の予定はまだ空白のままとなっています。ぜひこの機会に足を運んでいただけると幸いです。 
2022年6月24日 アンティック-珈琲店-
みく/takuya/カノン/ゆうき/輝喜

みく(Vo)  コメント

Zepp Haneda(TOKYO)での公演は、自分にとってもカフェっ仔にとっても人生の中のキラキラした1ページになるようなライブをしたいなと思ってます。その日はしっかりみんなに会える喜びを噛み締めて、大好きな人達と一緒に その時間を楽しみます。自分の決断でいろいろ傷つけてしまって申し訳ない気持ちでいっぱいだけれど、その日は是非、遊びに来てほしいなと思ってます。みんなに会えるのを楽しみにしてます!!

takuya(Gt)  コメント

今はまたステージに立てることが楽しみでしかないです。音楽のことは頭から離れてましたけど、今回の話をもらったときはすごくうれしくて、“また一緒にみんなで集まってやりたいな”というのが心のどこかにあったんだなって気づかされました。僕は活動休止前のライブ以来、ステージに立ってないので、新鮮な気持ちでステージに立ち、カッコいいところを観せたいなと思ってます。

カノン(Ba)  コメント

進化した俺たちを観せるんだ!っていうよりは、“これがアンティック-珈琲店-だよね!”っていう定番の、安心感あるライブを届けたいなと思っています。それぞれアンカフェに触れたタイミングは違うと思うんですけど、アンカフェに触れたことがある人はぜひ集まってもらいたいです。キラキラしたものこそアンティック-珈琲店-だと思うので、ステージを煌びやかに彩れたらと思っています。

ゆうき(Key)  コメント

久しぶりのワンマンライブということで、会場入りから楽しみたいなと思ってます。個人的に一番不安なのは体力面なんです。酸欠を起こしてグダったりしたらつまらないので、ウォーキングしたり準備を始めてます。ライブはバカになれる瞬間なんで、お互い日常を忘れて楽しめるような空間にしたいなと思ってます。振り付けも思い出してきてもらって、一緒に楽しみましょう。

輝喜(Dr)

アンティック-珈琲店-のステージに立てることに感謝します。僕は活動休止後もドラマーとしてやってきてるので、メンバーみんなに何が起こっても大丈夫だよ!と安心してもらえるドラムを叩くぞという気持ちでいます。1月5,6日はたくさんの曲を演奏できるのでそれも本当に楽しみです。久しぶりに馬鹿してはっちゃけましょう!ぜひZepp Haneda(TOKYO)に遊びにきてください!

アンティック-珈琲店-結成20周年

アンティック-珈琲店-結成20周年