楽しいニュースをまとめてみました。

2022年7月、トランペット奏者ルベン・シメオが7年ぶりに来日する。

8歳でソロデビュー、12歳でCDデビュー、13歳の時に参加した世界的なコンクールで、辣腕のトランペット奏者を破り堂々の2位を獲得したルベン・シメオ。15歳の時にシエナ・ウインド・オーケストラとのCDで、そして16歳の時のサントリーホールでのコンサートで、鮮烈な日本デビューを果たした天才トランペット奏者だ。巨匠モーリス・アンドレの数少ない弟子として研鑽をつんだ彼も今年で30歳。天才少年から世界の名手へ深化した。

今回の来日では、7月9日(土)トッパンホール(西澤安澄とのデュオ・リサイタル)、11日(月)武蔵野市民文化会館 小ホールにてリサイタルを開催。リムスキー=コルサコフ「熊蜂の飛行」、アーバン 「ヴェニスの謝肉祭」、岩井直溥「ハリー・ジェームスに捧ぐ」、フランソワ&ルヴォー「マイ・ウェイ」などを披露する。

Rubén Simeó "My Way"