楽しいニュースをまとめてみました。

2000年に旗揚げし、2021年に活動20周年を迎えた劇団鹿殺し。2021年~2022年を「劇団鹿殺し20周年YEAR」と銘打ち、劇団代表作のリメイク、新作本公演と精力的に活動を行っている。

この度、20年の感謝を込めて、20作品の連続無料配信が決定した。2022年6月26日(金)20:00より、週替わりで毎週1作品ずつ、劇団鹿殺し 公式youtubeアカウントにて全編無料配信する。

配信作品は、2007年に全労災ホール・スペースゼロで上演された劇団本公演『殺 ROCK ME!』を皮切りに、駅前劇場、青山円形劇場、東京芸術劇場(シアターイースト)、本多劇場、紀伊國屋ホール、サンシャイン劇場と劇団の歩みとともに様々な劇場で上演された、珠玉の作品たち。

第55回岸田國士戯曲賞最終候補にノミネートされた『スーパースター』、粟根まことをゲストに迎えた本多劇場進出公演『僕を愛ちて。〜燃える湿原と音楽〜』、劇団鹿殺しの代名詞といえる“楽隊”を初めて導入した記念碑的作品『電車は血で走る』、髙嶋政宏、相葉裕樹ら豪華ゲストに加え ミュージシャンによるバンド生演奏が響き渡るストロングスタイル歌劇『俺の骨をあげる』、制限がある時代の中でシンプルを追求した、唯一無二のスタイル“ザ・ショルダーパッズ”による『少年探偵団』など、劇団の歴史を彩った本公演作品 15本に加え、オフィス鹿プロデュース作品の配信も決定。
また、鴻上尚史の名作に、菜月チョビが「今日」を吹き込み呼び覚ました『パレード旅団』、奥菜恵を主演に迎えた”史上最低の結婚式”『親愛ならざる人へ』、松島庄汰・渡部秀ダブル主演による現代のお伽噺『罪男と罰男』など、話題作が満載。

配信作品は、6月26日(日)より毎週日曜20時に更新されるので、楽しみにしよう。

なお、劇団鹿殺し 活動20周年記念公演vol.2『ランボールギーニに乗って』が、7月8日(金)〜7月18日(月祝)東京・あうるすぽっと、7月22日(金)〜24日(日)大阪・近鉄アート館で上演される。7月17日(日)・18日(月・祝)には配信公演も実施。20周年のラストを飾る新作・お祭り公演に、期待しよう。