楽しいニュースをまとめてみました。

海外音楽情報専門podcast『speakeasy podcast』とSPICEの連動企画。毎週金曜日に海外でニューリリースになった楽曲やアルバムの中から、Spotifyの『New Music Friday』のプレイリストやイギリスの『Official UK Charts』などでピックアップされているリストを独自に集計し、MCを務める竹内琢也が特にオススメしたい5曲を紹介。SPICEではニュースが中心のpodcastでは紹介しきれない、楽曲をより深掘りしたコラムをお届けしていく。今週の5組はカルヴィン・ハリス、DJキャレド、The 1975、ベニー・ブランコ、ジョエル・コリー&ベッキー・ヒル。リリースまでの背景やアーティストの情報まで網羅できるので、洋楽好きはもちろん、洋楽が気になっている人も要チェック。

今週の気になるニューミュージック5選

●「Obsessed(with チャーリー・プース、シェンシーア)」/カルヴィン・ハリス

Calvin Harris – Obsessed (Official Audio) ft Charlie Puth & Shenseea

カルヴィン・ハリスがニューアルバム『Funk Wav Bounces Vol. 2』をリリースしました。今作は2017年発売の大ヒットアルバム『Funk Wav Bounces Vol. 1』の続編で、カルヴィン・ハリスにとっては約5年ぶりの作品。21サヴェージ、デュア・リパ、ヤング・サグ、ステフロン・ドン、クロイ、チャーリー・プース、プシャ・T、シェンシーア、ティナーシェ、ノーマニ、リル・ダーク、ホールジー、オフセット、ブラック(6LACK)、ジャスティン・ティンバーレイク、コイ・リレイ、バスタ・ライムス、ドネーオ、ラトー、ファレル・ウィリアムス、スワエ・リー、ジョルジャ・スミス、スヌープ・ドッグといった20組を超えるコラボレーターが参加しています。前作のムードを引き継いだ心地よいラグジュアリーなファンク/ディスコサウンドが中心となりますが、今までのEDMサウンドと同じ、エレクトロニックなダンスビートにボーカルを載せるスタイルで制作していた前作と比べると、より全体のバンドサウンド感が強まった印象です。

●「STAYING ALIVE(feat.ドレイク&リル・ベイビー)」/DJキャレド

DJ Khaled ft. Drake & Lil Baby – STAYING ALIVE (Official Video)

DJキャレドは8月26日(金)に、ニューアルバム『God Did』をリリースすると発表しました。2021年4月にリリースされUSアルバムチャートで1位を獲得したアルバム『Khaled Khaled』に続く自身13枚目のアルバムです。そして今週、アルバムからの第一弾先行シングル「STAYING ALIVE」をリリース。客演参加ではなく、DJキャレドの楽曲としては今年初めてのリリースとなります。楽曲にはドレイクとリル・ベイビーが参加。二人は前作『Khaled Khaled』にも参加していますが、DJキャレドの楽曲で共演するのは初めてのこととなります。

●「Happiness(Dance Floor Edit)」/The 1975

The 1975 – Happiness (Official Video)

10月14日(金)に、ニューアルバム『Being Funny In A Foreign Language』をリリースするThe 1975が、「Part Of The Band」に続く、アルバムからの2ndシングル「Happiness」をリリースしました。The 1975は今回の一連のリリースを街中のポスターで告知しており、先日ロンドンにて「Happiness」を8月3日(水)にリリースすると書かれたポスターが目撃され、その後オフィシャルでもアナウンスしていました。そんな新曲は「Part Of The Band」とは少し異なる、「Chocolate」や「The Sound」に通ずるような、よりThe 1975らしい王道のポップソングと言えます。 The 1975は8月20日(土)、21日(日)に東京と大阪の2会場で開催される『SUMMER SONIC 2022』へ出演します。

●「Bad Decisions(with BTS & スヌープ・ドッグ)」/ベニー・ブランコ

benny blanco, BTS & Snoop Dogg – Bad Decisions (Official Music Video)

ベニー・ブランコがBTSのジン、ジミン、V、ジョングク、そしてスヌープ・ドッグを迎えた新曲「Bad Decisions」をリリースしました。ベニー・ブランコはプロデューサー兼ソングライターの面も持つアメリカのミュージシャンで、自身の楽曲のヒットのみならずエド・シーランの「Castle on the Hill」、ジャスティン・ビーバーの「Love Yourself」、リアーナの「Diamonds」など裏方としても多くのヒット曲を手がけています。ベニー・ブランコは8月2日(火)に、自身のSNSで「Bad Decisions」のティザー映像を投稿しており、話題となっていました。今作はベニー・ブランコが今年リリースを予定しているフルアルバムに収録される予定です。

●「HISTORY」/ジョエル・コリー、ベッキー・ヒル

HISTORY

ジョエル・コリーとベッキー・ヒルのコラボシングル「HISTORY」がリリースになりました。UKシングルチャート1位を獲得した「Head & Heart(feat.MNEK)」、同3位の「BED」、同6位の「OUT OUT(feat.チャーリーXCX&スウィーティー)」など立て続けにヒット曲を送り出しているUKの人気DJ、プロデューサーのジョエル・コリー。そして今年『ブリット・アワードでベスト・ダンス・アクトを獲得した事でも話題になった、シンガーソングライターのベッキー・ヒルのコラボソングです。ジョエル・コリーのライブでは既に披露されており、オーディエンスからのリアクションもかなり大きい楽曲です。UKダンスミュージック界のスター2組によるコラボということで、特にUKで注目度が高く、『Spotify New Music Friday UK』ではカルヴィン・ハリスに次ぐ2曲目にリストインしています。

8月5日(金)配信の『speakeasy podcast』(#197)では、ほかにも今週の様々な音楽ニュースを取り上げていますので、お時間ある時に聴いてみてください。

文=竹内琢也