楽しいニュースをまとめてみました。

昨年逝去した漫画家・みなもと太郎の一周忌となる8月、みなもと太郎 原作、三谷幸喜 作・演出のシネマ歌舞伎『三谷かぶき 月光露針路日本(つきあかりめざすふるさと) 風雲児たち』の再上映が全国で行われる。この度、みなもと太郎が描いた原画の一部を新たに公開された。

シネマ歌舞伎『三谷かぶき 月光露針路日本 風雲児たち』予告編

みなもと太郎が1979年より連載を続けてきた歴史大河ギャグ漫画「風雲児たち」は、関ヶ原の戦いから幕末にかけての時代を生きた人々をギャグを交えて生き生きと描き、歴史漫画の新しい可能性を開いた。

2019年、「風雲児たち」の愛読者である三谷幸喜 作・演出のもと歌舞伎化された舞台『三谷かぶき 月光露針路日本 風雲児たち』が歌舞伎座で上演された。鎖国中の江戸時代、ロシアに漂流し10年以上の時をかけ日本への帰国を果たした実在の人物・大黒屋光太夫にスポットを当てた作品で、松本幸四郎、市川猿之助、片岡愛之助、松本白鸚らが出演。

2020年にシネマ歌舞が公開、そして今年2022年8月に全国の映画館で再上映される。シネマ歌舞伎冒頭には、みなもと太郎が本作のためだけに描き下ろした、貴重なイラストを基にしたオリジナルアニメーションが収録されている。今回、再上映にあたり描き下ろし原画の一部を新たに公開。

みなもと太郎描き下ろしイラスト(初解禁)

みなもと太郎描き下ろしイラスト(初解禁)

みなもと太郎描き下ろしイラスト

みなもと太郎描き下ろしイラスト

みなもと太郎描き下ろしイラスト(初解禁)

みなもと太郎描き下ろしイラスト(初解禁)

「船の歴史」を紹介する冒頭アニメでは、水上の移動手段として船がどのように進化を遂げてきたかを、みなもと太郎独自のタッチで紹介。みなもと太郎最後の描き下ろしアニメーションとなった。

作者の逝去により未完となった名作漫画「風雲児たち」の奇跡の歌舞伎化作品『三谷かぶき 月光露針路日本 風雲児たち』を、原作者描き下ろしイラストのアニメーションと共に大スクリーンで楽しもう。