楽しいニュースをまとめてみました。

1: 2022/11/12(土) 17:16:24.84
 11月20日にサッカーワールドカップ(W杯)カタール大会が始まるのを前に、衛星放送・通信事業などを手掛けるスカパーJSAT(東京都港区)が、全国の男女1000人を対象にした「スポーツ観戦に関する調査2022」の結果を発表しました。 …

スクリーンショット 2022-11-12 23.25.49

1: 2022/11/12(土) 17:16:24.84

 11月20日にサッカーワールドカップ(W杯)カタール大会が始まるのを前に、衛星放送・通信事業などを手掛けるスカパーJSAT(東京都港区)が、全国の男女1000人を対象にした「スポーツ観戦に関する調査2022」の結果を発表しました。

 サッカーを観戦する人に「将来、サッカー日本代表の監督になってほしい日本人サッカー選手」を聞いたところ、元日本代表で現在は日本フットボールリーグ(JFL)で活躍する三浦知良選手が1位、同じく元代表で、現在はドイツで活躍する長谷部誠選手が2位でした。

“キングカズ”三浦知良選手が1位
 調査は10月25日~同26日、ネットエイジア(東京都中央区)の「ネットエイジアリサーチ」モニター会員のうち、年に1回以上スポーツを観戦(テレビ中継など含む)する15歳~79歳の男女を対象にインターネットで行い、1000人の有効回答を得ました。

 全回答者のうち、最近1年間にサッカーを観戦した人に「将来、サッカー日本代表の監督になってほしい日本人サッカー選手」(引退した選手含む)を自由回答で聞いたところ、三浦選手を49人が挙げて1位、長谷部選手は43人が挙げました。今シーズン限りで引退した中村俊輔選手が3位に入りました。

 一方、今回のカタール大会で「日本代表のキーマン」になると思う選手を聞いたところ、久保建英選手(84人)がダントツで、鎌田大地選手(26人)、三笘薫選手(25人)が続きました。

「スポーツ観戦に関する調査2022」では、スポーツ観戦に関するさまざまな調査をしており、結果はスカパーJSATのホームページで見ることができます。

https://news.yahoo.co.jp/articles/789d8f061541e7cbaa72037dab00b666793bf723


続きを読む