楽しいニュースをまとめてみました。

Disney+ (ディズニープラス)の「スター」にて、韓国ドラマ『コネクト』が12月7日(水)より全6話一挙配信されることが決定。あわせて、日本版予告編とポスタービジュアルが解禁された。

『コネクト』は、『極道恐怖大劇場 牛頭 GOZU』『殺し屋1』『十三人の刺客』『悪の経典』などで知られる三池崇史氏が監督、三池監督と多数の作品でタッグを組んできたNAKA 雅 MURA氏(『初恋』など)とホ・ダム氏(『ムルゲ 王朝の怪物』など)が脚本を担当するドラマシリーズ。連続殺人鬼を探し出し、自分の人生を取り戻すことを決意した男の戦いを描く、クライムファンタジースリラーだ。

どんな大怪我でもすぐに治してしまう新人類“コネクト”であるハ・ドンスは、幼少のころから、その能力ゆえにモンスター扱いされ、常に孤独を感じて生きてきた。そんなある日、ドンスは臓器売買組織に誘拐され、眼球を奪われてしまう。手術台で目を覚ましたドンスはすぐに逃げ出すが、自分の眼球がソウルの住民を恐怖に陥れていた連続殺人犯のものとなっていたことがわかる。一方、ドンスも、連続殺人犯の見ているものを見ることができるようになるのだった。奪われた眼を取り戻すため、ドンスはあらゆる手を使って殺人鬼を追い続ける。

本作には、ハ・ドンス役でチョン・へイン(『スノードロップ』『刑務所のルールブック』『D.P. –脱走兵追跡官-』)、連続殺人犯オ・ジンソプ役でコ・ギョンピョ(『恋のスケッチ~応答せよ 1988~』『ソウル・バイブス』)、謎多きイ・イラン役でキム・ヘジュン(『調査官ク・ギョンイ』)らが出演。また、制作を『愛の不時着』『Sweet Home -俺と世界の絶望-』などのスタジオドラゴンが担当するなど、日韓クリエイター陣のコラボレーションが実現している。

 
 

解禁された日本語版ポスタービジュアルでは、主人公ドンスの顔に触手を思わせる赤い管が垂れさがり、殺人鬼オ・ジンソプとイ・イランが何かを睨みつけている様子が描き出されている。また、予告編では、ドンスが眼球を失って苦しむ姿のほか、建物から飛び降りて地面にたたきつけられても死なない不死身の“コネクト”としての能力、共有した視覚を手掛かりに殺人鬼ジンソプを追う姿などが描写されている。

『コネクト』はディズニープラス スターにて、12月7日(水)全6話一挙独占配信。