楽しいニュースをまとめてみました。
ジブリ作品ジブリ作品

もっと読む>>ジブリ作品の裏エピソードを徹底紹介。『ハウルの動く城』は木村拓哉さんのプロ意識 『となりのトトロ』は“謎の少女”

1月13日の金曜ロードショーで「思い出のマーニー」が放送されます。1月6日放送の「ハウルの動く城」に続く、2週連続のジブリ作品です。

たくさんの人に親しまれているジブリ作品は、作品ごとに裏設定やミステリー、秘話が数多く存在します。

13日放送の「思い出のマーニー」をはじめ、「となりのトトロ」や「千と千尋の神隠し」といった不朽の名作まで、6作品の裏エピソードなどを集めました。

◇思い出のマーニー◇

思い出のマーニー思い出のマーニー

『思い出のマーニー』の裏話とは? 歌手めぐって争奪戦、宮崎駿監督から「挑戦状」も

監督を務めたのは『借りぐらしのアリエッティ』の監督、米林宏昌さんでした。

マーニーの制作中、宮崎さんはずっと作品への口出しを我慢していたようです。ところが、米林監督が描いた第一弾ポスターを見て思うところがあったようです。白いネグリジェを着たマーニーがこちらを窺うように見ている印象を受けるポスターでした。

宮崎さんは当時、三鷹の森ジブリ美術館で開く「クルミわり人形とネズミの王さま」という展示に向けた準備をしていました。展示のために作ったポスターに描いたのは、白いネグリジェを着た主人公のマリーでした。

詳しくはこちらから!

◇ハウルの動く城◇

『ハウルの動く城』の一場面『ハウルの動く城』の一場面

『ハウルの動く城』、木村拓哉さんは「台本を持たずに…」ジブリ公式が明かした驚きの行動【トリビア集】

魔女の呪いで90歳の老婆に姿を変えられてしまった18歳のソフィーと、「動く城」に住む美しい魔法使いの青年・ハウルとの不思議な恋の物語です。

公開当時のパンフレットやこれまでの発信から、ハウル役・木村拓哉さんやソフィー役・倍賞千恵子さんらが起用された背景や、アフレコでの木村さんの驚くべき行動、キャラクターのモデルになった人物などについて紹介します。

鈴木敏夫プロデューサーは、ハウル役・木村さんのアフレコ時に印象的だったエピソードを問われ「台本を持たずにアフレコの現場にきて、最後まで演じきったことです」とTwitterで回答

2021年4月のこのツイートは大きな話題となり、12.8万件のいいねが寄せられ「かっこいい…」「さすが」など感嘆の声が集まりました。

詳しくはこちら

◇千と千尋の神隠し◇

『千と千尋の神隠し』『千と千尋の神隠し』

『千と千尋』ブヨブヨした食べ物の正体⇒「シーラカンスの胃袋という説も」

作品には、主人公・千尋の父親が謎の丸い物を食べるシーンが登場します。

この食べ物について、作品の原画を担当した米林宏昌さんが自身のTwitterで2020年9月19日、「お父さんが食べてるブヨブヨした食べ物はシーラカンスの胃袋と絵コンテに書いてありました」と明かしました。

詳しくはこちらから!

◇となりのトトロ◇

となりのトトロとなりのトトロ

『となりのトトロ』の裏設定。サツキとメイの家は「病人が死んでしまった家なんです」(宮崎駿監督)

愛知県長久手市に2022年11月1日に開園した「ジブリパーク」。目玉の一つがアニメ映画『となりのトトロ』に出てくる草壁邸を再現した「サツキとメイの家」です。

2005年の「愛・地球博」のパビリオンとして作られ、万博終了後も一般公開されていました。この「サツキのメイの家」がきっかけとなり、2017年にスタジオジブリの世界観を堪能できる「ジブリパーク」の建設が決まりました。2020年から休業していましたが、今後はジブリパークの施設の一つとして再開することになります。

この「サツキとメイの家」は、赤い三角屋根のある洋間と日本家屋をドッキングさせた不思議な住宅です。これには、ある裏設定が存在します。実は「病人が死んでしまった家」なのだといいます。宮崎駿監督が過去のインタビューで明らかにしていました。

詳しくはこちらから!

◇天空の城ラピュタ◇

『天空の城ラピュタ』のワンシーン『天空の城ラピュタ』のワンシーン

『天空の城ラピュタ』には「幻のタイトル」があった。パズーとシータの名前の由来も【豆知識】

1986年の公開から30年以上を経ても、今なお多くの人に愛される『ラピュタ』ですが、実は作品の発案時には別のタイトルが考えられていました。

「金曜ロードショー」の公式Twitterはこれまで、ラピュタに関するさまざまな裏話や豆知識を紹介。

2017年9月には、発案時の仮タイトルが『少年パズー・飛行石の謎』だったと明かしていました。

詳しくはこちらから!

◇耳をすませば◇

バロンバロン

『耳をすませば』バロンの恋人、実はあのジブリ作品に登場していた。離ればなれになった理由が切ない【画像】

小説家を夢見る読書好きの女の子・月島雫と、バイオリン職人を目指す男の子・天沢聖司の、甘酸っぱい恋物語。公開から25年以上経た今も、多くの人から愛され続けています。

この作品に登場する猫の男爵の人形バロンは、本作の人気キャラクターの一つでもあります。その恋人が、ジブリの別の作品にもひっそり登場していることを知っていますか?

バロンにまつわる豆知識を紹介します。

詳しくはこちらから!

…クリックして全文を読む