楽しいニュースをまとめてみました。

 阪神の浜地真澄投手(24)が20日、メッツ・千賀滉大投手(29)、ソフトバンク・石川柊太投手(31)、高橋礼投手(27)と合同自主トレを行っている米国ワシントン州シアトルから本紙の電話取材に応じた。初訪問となった最先端トレーニング施設「ドライブライン・ベースボー…a

 阪神の浜地真澄投手(24)が20日、メッツ・千賀滉大投手(29)、ソフトバンク・石川柊太投手(31)、高橋礼投手(27)と合同自主トレを行っている米国ワシントン州シアトルから本紙の電話取材に応じた。初訪問となった最先端トレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」では昨季7・23で課題に挙げてきた奪三振率の向上へ、最新データをもとに投球の新フォーム、新球の習得に着手。今季からメジャーに挑戦する先輩右腕からも常に助言をもらえる最高の環境に身を置き、中継ぎエースを目指す。

 海の向こうで浜地が、その“鮮度”に磨きをかけている。電話越しでも伝わってくる米国での充実の日々。メッツ・千賀らと取り組んでいるのは本場の“メジャートレ”だ。

 「毎日ドライブラインに行って。最初は重いボールを投げて速い球を投げるというイメージだったけど全然違った。自分に合わせたメニューを作ってくれるのですごく良い」

 メジャーリーガーも数多く利用するシアトルにある「ドライブライン・ベースボール」を拠点にし、投球フォームのアップデートを試みている。動きをデジタルに記録できる「モーションキャプチャ」と呼ばれる技術を駆使して、現状のフォームを詳細に分析。数字で自身の伸びしろの“実体”が把握できるわけだ。「まさに野球研究所。変化球一つでも“こういう回転軸だからもう少し中指に圧をかけて”とか根拠を示して提案してくれるので。教える人の感覚じゃなく、一緒につくり上げていく感じ」と自然と声も弾む。

https://news.yahoo.co.jp/articles/da6af69417c769c8d714ca707684f492ec2f661e


続きを読む