楽しいニュースをまとめてみました。

錦織一清主宰アンクル・シナモンの自主公演第二弾となる舞台『あゝ同期の桜』が、2024年3月に東京日本橋・三越劇場、京都・南座にて上演されることが決定し、2月8日(木)に東京取材会が行われ、演出・出演の錦織一清をはじめ、出演の渋谷天笑、高橋虎之介、渡口和志、吉田和正、室 将也、釜谷海来、新井元輝の8人が登壇した。

本作は、海軍飛行予備学生14期会による遺稿集「あゝ同期の桜 帰らざる青春手記」をベースに書かれた榎本滋民の原作をもとに上田浩寛が脚本を手掛けた。錦織一清は2015年、2016年に続いて本作は3回目の演出となるほか、今回初めて出演も果たす。

取材会ではまず錦織一清が、「この作品は第14期生が飛び立つ前に家族や友人に当てた遺書のようなものをまとめた榎本滋民さんの書籍をもとにしており、深いテーマになっていますが、大事なのはその中でも若い人たちが明るく生きたというところで、その青春群像を描きたい。今、僕らが平和に暮らしてるのは、どういう方たちのおかげかというのを見つめ直すいい機会にもなるのではないかと思う。ミュージカルのようなエンターテインメントではないかもしれませんが、見ごたえのある作品になると思います」とあいさつ。

また、自身の役柄については「これは現代から回想シーンに入ってくる芝居になっていて、前回やらせていただいたときにはおばあちゃんと孫が靖国神社を参拝するシーンから現代に引き込んでいくというシステムになっていたのですが、あれから9 年経って時代も変わってしまった。なのでストーリーテラーじゃないけれど、その部分の橋渡しという役目を僕が担おうかなと思っています。もちろん本編の中でも重要なところでちょっと出たりしますが」と語った。

2015年の初演にも特攻隊員役で出演した渋谷天笑は、今回の豊島中佐という役柄について「責任重大ですね。最後の飛び立つところは僕のセリフで見送るので、これはやっぱり気を引き締めないといけない。そしてセリフの中に『みんなを死地に送り出す以上、私も死んでいる』っていうセリフがあるんですね。これがすごく重いセリフだなと思っております。 本当に頑張りたいと思います」と本作への意気込みを語った。

最後に再び錦織一清が「資料を見ると成績がオール55をとるような優秀な人たちが飛び立っていってしまい、頭脳という面でも日本の将来的な損失は大きかったのではないかと思いました。もちろん深刻な問題ですけれど、僕の中では反米・反戦で描こうというつもりはあまりなくて、澄み渡ったような、その中でも楽しいこともあったであろう青春群像劇をつくろうと思っています。爽やかにつくらないと桜になった英霊の方たちに申し訳ないなと思っています。ちょうど上演するのは靖国に桜が咲こうかという33月の桜の時期ですから、そういう方にも微笑ましく見ていただけるような作品にしたいですね」と締めくくった。