楽しいニュースをまとめてみました。

CS放送「衛星劇場」にて、2023年7月26日~8月13日に日比谷・シアタークリエほかで上演された舞台『家族モドキ』を、2月24日(土)にテレビ初放送する。

舞台『家族モドキ』舞台写真

舞台『家族モドキ』舞台写真

舞台『家族モドキ』舞台写真

舞台『家族モドキ』舞台写真

本作は、四人を繋ぐ思いやり。たどりついた“新しい家族の形”心温まる優しい物語。

山口祐一郎

山口祐一郎

浦井健治

浦井健治

NHK大河ドラマ『篤姫』、『江~姫たちの戦国~』等多数の脚本を手がける田渕久美子と、ミュージカル『ダンス オブ ヴァンパイア』、『ローマの休日』、『ジキル&ハイド』など幅広い作品で演出を務める山田和也が再びタッグを組んだ。2020年12月にシアタークリエ他にて上演した『オトコ・フタリ』以来、約3年ぶりとなるコンビが今回描くのは“現代における家族の形”。

山口祐一郎

山口祐一郎

浦井健治

浦井健治

大塚千弘

大塚千弘

保坂知寿

保坂知寿

山口祐一郎、浦井健治、大塚千弘、保坂知寿の実力派キャスト4名が集結。お互いを思いやる優しい心で溢れた温かい物語を紡ぐ。

舞台『家族モドキ』舞台写真

舞台『家族モドキ』舞台写真

舞台『家族モドキ』舞台写真

舞台『家族モドキ』舞台写真

 
【あらすじ】
その日、高梨次郎(山口祐一郎)はそわそわと落ち着きがなかった。リビングで、立ったり座ったり、じっとしていられない。そこに、ひとりの若者が、何度も窓から室内を覗いてくる。大学で教鞭を執っていることも相俟って、なにかと説教をしたくなる性格の次郎はその若者を呼び止め、人の家を覗く無礼をたしなめる。彼は木下渉(浦井健治)と名乗り、次郎の一人娘・民子(大塚千弘)の大学時代の同窓生だと言う。途端に何を思ったか、渉を家の中に引き入れる次郎。実はその日、娘の民子が久しぶりに家に帰ってくることになっていた。数年ぶりに父と娘は再会を果たすのだが、予期せぬ事実が発覚し混乱する次郎の前に渉の妻・木下園江(保坂知寿)が現れて———。