楽しいニュースをまとめてみました。

映像クリエイターチーム・Hurray!が映像統括を担当し、花田十輝が脚本を担当する新作劇場アニメーション『数分間のエールを』の公開が2024年6月14日(金)に決定したことが発表された。あわせてメインビジュアルと本予告映像も公開された。

メインビジュアルは、宙を舞うメモ用紙や音楽機材と共にMV制作に打ち込む朝屋彼方と、憂い気にギターを持つ織重 夕がそれぞれ創作に対する姿が描かれている。

また本予告映像では、織重夕と、外崎大輔・中川萠美のキャラクターボイスが初公開され、前半は夕(歌唱アーティスト・菅原圭)が歌う、本作の重要な鍵を握る「未明」という楽曲と共に、「自分の作ったもので誰かの心を動かしたい」と、映像制作へ情熱を注ぐ彼方と、社会人になり音楽の道を諦めてしまった夕の苦悩と葛藤が描かれている。後半は初解禁となる主題歌、フレデリックの「CYAN」に乗せてモノづくりへ打ち込む2人の姿が描かれている。

そして主題歌がフレデリックの新曲「CYAN」になることも発表された。本作のために書き下ろされた新曲は、青春時代にモノづくりに情熱を注ぐ彼方たちを彩る、疾走感あふれる楽曲となっている。フレデリックの三原康司よりコメントも到着している。

フレデリック

フレデリック

<三原康司(フレデリック)コメント>
「CYAN」映画の主題歌が入る青空のシーンに合うよう音をイメージし、物語に描かれた葛藤やその過程の美しさを自身の経験と重ね合わせ制作していきました。登場人物それぞれの精一杯の形はどれも真っ当な正義があるからこそ、どんな人の上でも青く広くそこにある空を、デザインでよく使う青色「CYAN」シアンで喩えてみました。雨や嵐の日もあれど、その上には青空はあり続ける。モノづくりに対し持ち続ける信念の形は、青空のように常にそこに存在するものに近いのかなと思います。作品の熱意に引けを取らないよう少しでも力添えできたらと、そして映画と共に自分達の音楽にエールを感じていただければこのうえなく幸せです。

さらに追加キャストとして、外崎大輔役に内田雄馬、中川萠美役に和泉風花が発表された。二人からのコメントも届いている。

◆外崎大輔 CV:内田雄馬

外崎大輔 CV:内田雄馬 (C)「数分間のエールを」製作委員会

外崎大輔 CV:内田雄馬 (C)「数分間のエールを」製作委員会

キャラクター紹介:彼方の中学生時代からの友人。大人びた性格をしており、何事も冷静な目で判断をしている。中学時代に学校で描いた絵が県知事賞を受賞したことをきっかけに絵の道を志すようになる。周りの期待も相まって、将来的には美大を目指している。

<内田雄馬コメント>
外崎大輔役の内田雄馬です。台本を拝読して、自分自身もとても刺激を受けました。何かを表現しようと思った時に感じる想いをこの作品では丁寧に描いています。表現とは無限の可能性。登場人物達が一喜一憂しながら自分の選択をする姿に、気づきをもらえるのではないでしょうか。この作品がたくさんの人に届き、表現を生み出すきっかけになったら嬉しいです。ぜひご覧ください!

◆中川萠美 CV:和泉風花

中川萠美 CV:和泉風花 (C)「数分間のエールを」製作委員会

中川萠美 CV:和泉風花 (C)「数分間のエールを」製作委員会

キャラクター紹介:彼方の高校のクラスメイトの一人。友達が多く、クラスの中心的な人物。高校入学をきっかけに未経験ながら軽音楽部に入部、ベースを始める。部内でバンドを組んでおり、学園祭のプロモーションに向けて、彼方にMV制作を依頼する。

<和泉風花コメント>
萠美は人の良いところを見つけてすっと背中を押してあげられる、自然体な女の子です。「Hurray!」さんと「100studio」さんが映像を手掛けるということで、オーディションのお話をいただいた時からどんな作品になるのかとても楽しみにしていました!今何かに悩んでいて背中を押して欲しい人の第一歩につながる作品、そして「やらなきゃいけないこと」を頑張る日々の皆さんにも、何か新しいことを始めたり目指してみたくなるような作品になっていると思います。

また本作のムビチケ前売り券が4月5日(金)より発売されること、さらにサウンドトラック&ボーカル集の発売も発表された。オリジナル劇場アニメーション『数分間のエールを』は2024年6月14日(金)全国映画館にて公開。