楽しいニュースをまとめてみました。

映画『Joker: Folie à Deux』が『ジョーカー:フォリ・ア・ドゥ』として、10月11日(金)に日本で劇場公開されることがわかった。

トッド・フィリップス監督、ホアキン・フェニックス主演の映画『ジョーカー』(2019)では、孤独だが心優しかった男が、歪んだ社会の狭間で“悪のカリスマ”に変ぼうしていくドラマを描いた。同作は、第76回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞。第92回アカデミー賞では最多11部門にノミネートされ、ホアキン・フェニックスは主演男優賞に輝いた。また、全世界での興行収入は1,500億円(10億ドル)を突破。日本でも週末動員ランキング4週連続首位を獲得し、累計興収50億円・動員数350万人超を記録した。

『ジョーカー:フォリ・ア・ドゥ』では、主人公のアーサーことジョーカー役でホアキン・フェニックスが続投。また、あらたにレディー・ガガが共演することが発表されており、ハーリーン・クインゼル(通称ハーレイ・クイン)を演じると噂されている。

原題の「Folie a Deux(フォリ・ア・ドゥ)」とは、フランス語で「二人狂い」を意味する言葉。「妄想を持った人物Aと、親密な結びつきのある健常者Bが、あまり外界から影響を受けずに共に過ごすことで、AからBへ、もしくはそれ以上の複数の人々へと妄想が感染、その妄想が共有されること」を意味しているという。解禁されたポスタービジュアルでは、ジョーカーとしてのピエロメイクを施したアーサー(ホアキン・フェニックス)が、レディー・ガガ演じる女性とともにダンスする姿がスポットライトの中に映し出されている。

『ジョーカー:フォリ・ア・ドゥ』は10月11日(金)全国劇場公開。