楽しいニュースをまとめてみました。

2024年4月10日(水)~21日(日)東急シアターオーブにて上演されるマシュー・ボーンの『ロミオ+ジュリエット』。開幕を前に、ホリプログループ会長の堀義貴氏とバレエダンサー・俳優の宮尾俊太郎のオフィシャル対談が到着した。聞き手は、舞踊ライターの森菜穂美氏。マシュー・ボーンの来日作品は全て観ており、『白鳥の湖』は100回以上観劇しているという。


マシュー・ボーンの『ロミオ+ジュリエット』

マシュー・ボーンの『ロミオ+ジュリエット』

いよいよ年4月10日より開幕するマシュー・ボーンの『ロミオ+ジュリエット』。ホリプロがマシュー・ボーンの作品を招聘して20周年となる記念すべき公演です。

マシュー・ボーンと長年の親交があるホリプログループの堀会長と、Kバレエカンパニーのプリンシパルとして活躍し、Kバレエ『ロミオとジュリエット』でロミオ役、ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』では死のダンサーとして出演した宮尾俊太郎がマシュー・ボーン作品の魅力について語りました。

映画「リトル・ダンサー」がきっかけでマシュー・ボーン作品の魅力を知った

――ホリプロは2004年の『くるみ割り人形』から、もう20年間マシュー・ボーン作品を招聘してきました。そのきっかけはどんなところにあったのでしょうか?

:本来僕はバレエを見に行かないんです。全く興味がなかった。どっちかと言えばロックが好きですから。

きっかけは映画「リトル・ダンサー」でした。ラストシーンで成長してプロのダンサーになったビリーの姿を見て、かっこいいなと思ったんです。もちろんその時はマシュー・ボーンも、アダム・クーパーも知らなかった。

それまでバレエ作品は観てこなかったのですが、Bunkamuraでやっていたマシュー・ボーンの『白鳥の湖』を観に行きました。何の前知識もなかったから「全部男性なのか」という驚きと、「あれ?これどっかで見たことあるぞ」と思ったんですよ。それが映画「リトル・ダンサー」のラストシーンだったわけです。

宮尾:僕は『白鳥の湖』を中学生ぐらいの時に映像で見ました。結構センセーショナルでしたよね。

2019年上演マシュー・ボーンの『白鳥の湖』 (C)Johan Persson/白鳥役を全員男性が演じ、日本でもマシュー・ボーンの人気を不動のものとした代表作。 ミュージカル『ビリー・エリオット』の元になった大ヒット映画「リトル・ダンサー」(2000年)のラストシーンで、アダム・クーパー演じる大人になったビリーが出演していたのがマシュー・ボーンの『白鳥の湖』

2019年上演マシュー・ボーンの『白鳥の湖』 (C)Johan Persson/白鳥役を全員男性が演じ、日本でもマシュー・ボーンの人気を不動のものとした代表作。 ミュージカル『ビリー・エリオット』の元になった大ヒット映画「リトル・ダンサー」(2000年)のラストシーンで、アダム・クーパー演じる大人になったビリーが出演していたのがマシュー・ボーンの『白鳥の湖』

:その後マシュー・ボーンの『くるみ割り人形』を観て、これがまた「なんだこりゃ」と思いました。もう色がすごいの。

その頃からニュー・アドベンチャーズ作品を日本でやらせてくれ、とプロデューサーのロバート・ノーブルと話をしていました。その先の『シザーハンズ』もどうしてもやりたいという構想もありました。

マシュー・ボーンのすごさというのは、「そういう設定になるか!」っていうところですね。彼自身が投影されているんだろうなというところもあるし。マシューは大の映画ファンなので、お気に入りの映画からインスパイアされたものは随所にある。

――元々“アドベンチャーズ・イン・モーションピクチャーズ(映画の中の冒険)”っていうのが最初のカンパニー名だったのですよね。

宮尾:マシューさんは映画好きで、映画好きな会長も映画「リトル・ダンサー」からマシューに繋がったんですね。

2004年上演 マシューボーンの『くるみ割り人形』(C)Catherine Ashmore/ 原作にアレンジを加え、孤児院で暮らす主人公が、夢の中でカラフルなキャラクターたちと出会う。

2004年上演 マシューボーンの『くるみ割り人形』(C)Catherine Ashmore/ 原作にアレンジを加え、孤児院で暮らす主人公が、夢の中でカラフルなキャラクターたちと出会う。

2006年上演 マシュー・ボーンの『シザーハンズ』(C)A.Groaschel/ 大ヒット映画を舞台化。劇場内に雪を降らせるなど、美しくスケールの大きな演出で観客を魅了した。

2006年上演 マシュー・ボーンの『シザーハンズ』(C)A.Groaschel/ 大ヒット映画を舞台化。劇場内に雪を降らせるなど、美しくスケールの大きな演出で観客を魅了した。

マシューは「ぶっ壊す人」

宮尾:僕は堀会長にオーチャードホールでよくお会いしていました。マシュー・ボーンの『ドリアン・グレイ』を観た時にもお会いして、堀会長が「いやすごい作品ですね、僕はこういう脳天直撃系が大好きなんだ」っておっしゃっていたのを覚えています。

社長がその感覚で作品を持ってくるって、なかなか攻めているなと思いました。

2013年上演 マシュー・ボーンの『ドリアン・グレイ』(C)田中亜紀/ リチャード・ウィンザーと大貫勇輔がダブルキャストで主演し、話題となった。

2013年上演 マシュー・ボーンの『ドリアン・グレイ』(C)田中亜紀/ リチャード・ウィンザーと大貫勇輔がダブルキャストで主演し、話題となった。

:『ドリアン・グレイ』は、「とにかくこれを日本人にやらせてほしい」とずっとマシューに言っていたんです。大貫勇輔にロンドンでオーディションを受けてもらって実現しました。

宮尾:その時は客席に舞踊関係者じゃない方が多くて。皆さんが「やっぱり素晴らしいね」って言っているのを見て、舞踊にそれほど詳しくない人たちにもすごく響く作品なんだろうなと思って。

:『ドリアン・グレイ』をロンドンで観たとき、客席がほとんど男性でした。お客さんの着ているものもパンクロックのコンサートみたい。僕ともう1人だけスーツで、場違いなところに来ちゃったなっていうぐらい、お客さんがスタイリッシュなんですね。

でも他の作品では高齢の人から若い人までまんべんなく来ていたり、女性ばっかりのときもあったり、作品ごとに全然違う。『眠れる森の美女』をニューヨークで観た時はお客さんの7割は女性でした。

――『眠れる森の美女』はゴシック設定なので、やっぱり「トワイライト」とかヴァンパイアものや、ゴス好きの女性が集まってくるんですね。

2016年上演 マシュー・ボーンの『眠れる森の美女』(C)Johan Persson/ヴァンパイアを登場させ、目覚めたら21世紀という斬新な設定で観客を驚かせた。

2016年上演 マシュー・ボーンの『眠れる森の美女』(C)Johan Persson/ヴァンパイアを登場させ、目覚めたら21世紀という斬新な設定で観客を驚かせた。

宮尾:マシューさんはそういうサブカルチャーな感じのお客さんをつかんでいますよね。でも作品色はそれぞれ、コロコロ変わるから面白いですよね。

:僕はぶっ壊す人が好きなんですよ。固定観念を変え、ぶっ壊すっていうのは、熊川哲也さん(Kバレエ トウキョウ芸術監督)もそうですよね。バレエはこうあるべきだ、バレエダンサーはこうあるべきだっていう固定観念を熊川さんが現代劇の映画に出たりテレビに出たりして変えたと思うんですよね。

命を削って踊るダンサーの輝き

宮尾:マシュー・ボーンの振付は、結構あるようでない振付だなと思って。これ本当にマシューさんが作っているのですか? 助手が8割作ってとかじゃなくて。

――『ロミオ+ジュリエット』の場合は若い女性の振付家のアシスタントが助手についているのですが、でもマシューさんが基本的に作っています。

宮尾:マシューさんの振付は、踊る人が輝くためには絶対これ必要なんだよねっていうものが入っています。それはもう肉体的に限界を迎える振付であるということなんですよね。

『眠れる森の美女』を見ていても、絶対きついんですよ。肉体的にきついことをやっているとやっぱりダンサーって命が削れていくから、輝くんです。

――『ロミオ+ジュリエット』はまさにそういう作品ですよね。振付的にもチャレンジングなところがあって、すごく長いキスシーンもありますね。バルコニーのところで、唇がくっついたままずっと離れないんです。これはすごく大変なシーンですが、「ダンスの歴史上もっとも長いキスシーンを創ろうとした」とマシューさんが仰ってました。

2023年上演 マシュー・ボーン『ロミオ+ジュリエット』英国公演(C)Johan Persso

2023年上演 マシュー・ボーン『ロミオ+ジュリエット』英国公演(C)Johan Persso

宮尾:ダンサーは絶対大変ですよね。ぼくも『ロミオとジュリエット』を踊った時にキスシーンがありましたけど、もう当然息が切れている中で、美しく見せなきゃいけないので。

:実際、そういうものを3ヶ月も4ヶ月もロングランでやっているんですよ。Kバレエもそうですが、もうリスペクトします。

バレエやダンスを見たことない人は、優雅に踊っている、くらいのイメージだと思うんですよ。実際にはバレエダンサーの筋肉は凄まじいじゃないですか。

――トップレベルのアスリートと同じですよね。

2023年上演 マシュー・ボーン『ロミオ+ジュリエット』英国公演(C)Johan Persson

2023年上演 マシュー・ボーン『ロミオ+ジュリエット』英国公演(C)Johan Persson

:あれだけ跳んで着地するだけでもね、フィギュアスケートの着氷も何トンもかかっているって言うけど、バレエも多分トン級かかっていると思いますよ。

宮尾:人を持って跳んで着地した後、ボクシングを12ラウンドぐらいやって、さらにその後に綱渡りしているみたいな感じです(笑)。

:それはやっぱり一度見ると男でもすごいなと思えるんです。あんな体勢で踊り続けるってのは、子供のときから体幹とかを鍛えていないと絶対無理ですよね。

宮尾:体の作りは、作品にも反映されて変わっていきます。マシュー作品は衣裳も現代風のちょっと洋服っぽいものが多いじゃないですか。すごく自然に存在している人間が、動きだしたらものすごいダンサー!という調和は面白いなと思います。見ているお客様が入り込みやすい。

マシュー・ボーンから繋がっていくストーリー

:マシュー・ボーン作品も、『ビリー・エリオット』も、色々なことが僕の中で一つのストーリーとして繋がっているんですよね。

映画「ビリー・エリオット(邦題「リトル・ダンサー」)」にはマシュー・ボーンがいなきゃいけなかったし。マシュー作品の日本上演があり、『メリー・ポピンズ』(共同演出/オリジナル振付:マシュー・ボーン)があり、そして『ハリー・ポッターと呪いの子』日本初演ではニュー・アドベンチャーズのダンサーだった友谷真実さんに手伝ってもらいました。いろんなものが繋がっています。

――この『ロミオ+ジュリエット』にはウエストエンドの『ビリー・エリオット』でビリー役を務めた方が出演しています。

:日本のビリーにも、その後ローザンヌ国際バレエコンクールに行って賞を取った子もいます。先輩がビリーをやっているのを見て、あれをやりたいと思って、オーディションを受けてくる子とか。いずれ、そういう子たちがビリーのように夢を叶えて色んなところで活躍するのでしょうね。

『ビリー・エリオット』の初演を観に来てくださった熊川哲也さんが「堀さん、あれは俺なんだよ」と仰っていたのも印象的でした。「北海道でバレエやる子供なんていうのは、どうかしていると思われていて、親父も反対していたし」と。

『ロミオ+ジュリエット』は若いダンサーたちを起用した、多様化社会の象徴的な作品

2023年上演 マシュー・ボーン『ロミオ+ジュリエット』英国公演(C)Johan Persson

2023年上演 マシュー・ボーン『ロミオ+ジュリエット』英国公演(C)Johan Persson

:今回の『ロミオ+ジュリエット』でも、同性愛のカップルが出てくるし、人種も様々、イギリスの階級社会も描かれている。マシュー作品にはどれも多様性がありますよね。

――この『ロミオ+ジュリエット』で特徴的なのは、女性が強いというのがありますね。

:ジェンダーギャップをなくすっていう明確な意図があるのだと思うんですよ。ジュリエット役の子たちのインタビューでも、「女性はこんなに弱くないから、物語の中でももうちょっと堂々としていたい」ということを言っていて。その部分は彼女たちの意見を汲み取って作っているんですね。

宮尾:僕が今出演している『ハリー・ポッターと呪いの子』もそうなんですよね。やっぱり女性が強くて、現代の社会性だなと思います。

――会長から『ロミオ+ジュリエット』のおすすめポイントを、公演をこれから観る宮尾さんへお願いします。

:最初は「何なんだこれ!」と思う設定から、『ロミオとジュリエット』のエッセンスが入ってくる展開は本当に見事だと思います。そんな飛躍できる頭は僕にはないから、マシューの発想に毎回驚いているんです。

あえて近未来にしているのは、警鐘を鳴らしている部分もあって。ティボルトはひょっとしたら暴力の象徴で、今日の戦争にもオーバーラップしてきます。

「BOYS」と「GIRLS」に分けられて収監されて、男女の接触が禁止されている中、原作でのロレンス神父は女性で、ロミオとジュリエットのあいびきの手伝いをする。そして男女というのは明確に分かれていないというジェンダーに対するメッセージも感じる。

2023年上演 マシュー・ボーン『ロミオ+ジュリエット』英国公演(C)Johan Persson

2023年上演 マシュー・ボーン『ロミオ+ジュリエット』英国公演(C)Johan Persson

観た後に感じる作品のメッセージはお客様に委ねられているので、どう考えてもいいんだと思うんですよ。マシュー作品はどの作品にも共通するのだろうけど、しばらく自分の考えをどんどん巡らして、間違っているのかな、この解釈は違うのかなって心地よく混乱する。こういうことかなという納得感を持つまで、味がなくなるまで噛める感じです。

宮尾:いいワードをいただきました。観るのがとても楽しみになりました!

取材・文=森 菜穂美 撮影=山本春花