楽しいニュースをまとめてみました。

2024年6月5日(水)~6月9日(日)六行会ホールにて上演される、アメツチ『ジャック・モーメント』のキービジュアルが公開となった。

「幻調乱歩シリーズ」の細川博司とアメツチが新たに挑む、バンタムクラスステージの名作ハードボイルド『ジャック・モーメント』。キャスト・脚本も新たに再演する。。

同作はギャング達による争いと巻き込まれた会計士の活躍を描くハードボイルド作品。エンターテインメント性が評価され、過去公演時には大阪市主催の芸創セレクションに選出された。

60年代のシカゴを舞台にギャングスターになる会計士の青年ジャックを『パッチギ!』や『ROOKIES』で知られる小出恵介が演じる。その他、中島健、窪塚俊介、山本博(ロバート)、黒木文貴、橋本全一、土田卓、福地教光などのキャストが集結した。

今回、ジャックを演じる小出恵介を中心に、様々な思惑を持つ曲者キャラクター達が一堂に並ぶキービジュアルが解禁。どんな公演になるのか楽しみにしよう。

キャラクタービジュアル

小出恵介

小出恵介

中島健

中島健

黒木文貴

黒木文貴

橋本全一

橋本全一

後藤萌咲

後藤萌咲

村島未悠

村島未悠

千広真弓

千広真弓

西間庭惇

西間庭惇

小島ことり

小島ことり

福地教光

福地教光

土田卓

土田卓

平野勲人

平野勲人

山本博(ロバート)

山本博(ロバート)

窪塚俊介

窪塚俊介

 
【あらすじ】
これはギャングスターになってしまった、ある青年の物語。
1960年代シカゴ。好景気に沸き、時あたかもベトナム戦争前夜。
しかし実際は貧富格差が蔓延する時代。
孤児の身ながら苦学して会計士となった青年ジャックの元へ、顔も知らない母親の遺産相続の話が舞い込んでくる。
ジャックはそのカネで世話になった人々に恩返ししようとするが、突然、ギャングたちに拉致され、遺産を譲渡するよう脅迫される。
亡くなった母親は、暗黒街の顔役ヴィットリオの愛人で、遺産は元々ギャングの金だという。
ジャックは初めて知った「肉親」からのかたみを、理不尽な暴力によって奪われることに怒りを感じ、戦う事を決意する。