楽しいニュースをまとめてみました。
鈴木亮平さん鈴木亮平さん

Netflixで配信中の『CITY HUNTER』に出演中の俳優・鈴木亮平さんが2011年5月に投稿していたブログが、時を経た今、大きな反響を集めている。

その内容はまさに「言霊」としか表現できないもので、「夢を叶えた」「有言実行」を証明するものだったからだ。

今から10年以上前、鈴木さんは何を綴っていたのか。その内容に感動する。

「31歳くらいでシティーハンターやりたい」

鈴木亮平さんは2011年5月17日、公式ブログに「シティーハンターの話」というタイトルで文章を投稿していた。

その内容全文は次のとおりだ(※本文のまま、鈴木さんの投稿より引用して紹介します)。

―-
本日、韓国では、
ドラマ『シティーハンター』の製作発表が行われているらしい。
どんな作品になるのか、ファンとしてはとてもドキドキ。
夢を語らせてもらうと、
日本版シティーハンター、
冴羽リョウ、
まじでやりたいなぁ。。。 
もちろん、外見がちゃんと似てる人はいっぱいいると思うんですよ。
でも、彼の「心」を俺以上に感じられる人間は、そうそういないんじゃないかと勝手に思ってる。
31才くらいでやりたいなぁ…
夢は諦める方が簡単で、 
持ち続けるには結構パワーがいる。
でも、夢は、
言い続ければ叶う、
MY持論です。
とにかく、韓国版シティーハンター、楽しみだなぁ。
そんなことを、コーヒーを飲みながら考えている雨の日。
そして不思議なアングルで写真をとってみる。
―-

鈴木さんは「31才くらいで(主人公の冴羽僚)やりたいなぁ」と綴っていたが、41歳になった2024年、『CITY HUNTER』をNetflixの配信作で主人公・冴羽僚の役を演じている。

ブログに書かれていた目標からさらに10年の月日がかかったが、有言実行し、自分の夢を実現していた。

SNSでは「まさに有言実行じゃん」「努力の賜物」「なんか持ってるんだろうな」など様々な声が寄せられた。

ちなみに同ブログが執筆された2011年は、鈴木さんの存在が世に広く知れ渡りブレイクのきっかけとなる『HK/変態仮面』(福田雄一監督・2013年公開)よりも前だった。

その後、鈴木さんはNHKの連続テレビ小説『花子とアン』(2014年)や大河ドラマ『西郷どん』(2017年)に出演し、着実に人気俳優としての地位を築いた。

…クリックして全文を読む