楽しいニュースをまとめてみました。

映画『はたらく細胞』が12月に公開されることが決定。あわせて、主演キャスト、キャラクタービジュアル、特報映像が解禁された。

清水茜氏の漫画『はたらく細胞』は、『月刊少年シリウス』(講談社)にて、2015年から2021年まで連載。赤血球や白血球などの人の体内で働く細胞を擬人化した同作は、2017年にフランスの新聞『ル・モンド』が選ぶ「この夏推薦する図書リスト」に選出。2018年にはアニメ化された。現在も数々のスピンオフ作品が発表され続けており、シリーズ累計発行部数は1,000万部を超えている。同作を実写映画化した『はたらく細胞』では、実写映画『翔んで埼玉』『テルマエ・ロマエ』シリーズなどで知られる武内英樹監督がメガホンをとることが発表されていた。

 

 

あらたに、永野芽郁(映画『からかい上手の高木さん』『マイ・ブロークン・マリコ』など)と佐藤健(映画『るろうに剣心』シリーズ、『四月になれば彼女は』など)がW主演することが明らかに。永野は立派な赤血球になることを目指し体内の各器官に酸素を届けるため奮闘する“赤血球AE3803”、佐藤は外部から体内に侵入した細菌やウイルスなどの異物を排除する“白血球U-1146(好中球)”をそれぞれ演じる。また、『HiGH&LOW』シリーズやNetflixの実写映画『幽☆遊☆白書』などのアクション監督として知られる大内貴仁氏がアクション演出で参加しているとのこと。

『はたらく細胞』2024年12月全国公開。