楽しいニュースをまとめてみました。

2024年4月25日から5月5日まで、ブロードウェイミュージカル『シカゴ』の公演で来日していたブロードウェイ・ミュージカルスターのマシュー・モリソン。

この度、マシュー・モリソンがボランティアで参加し、自らが作詞、そして歌唱した、ボイス・オブ・ユース JAPAN5周年記念ソング『Find the Friend in Me』マシュー・モリソン with ボイス・オブ・ユース JAPANが日本限定で配信リリースされた。

『Find the Friend in Me』(ファインド・ザ・フレンド・イン・ミー)

『Find the Friend in Me』(ファインド・ザ・フレンド・イン・ミー)

ジェンダーや障害などの違い、いじめなどにより周辺化されたユースの声にならない声がかき消される時代。『Find the Friend in Me』は多様な若者の声を安全に届けられる場を作りたいというプロジェクト”ボイス・オブ・ユース JAPAN”の思いに共感したマシュー・モリソンが、自ら作詞・歌唱をし、メッセージを込めたバラード曲だ。

ボイス・オブ・ユース JAPANとは、芸術を介して想いを伝える新文化を促進しており、東京大学UNiTeの学生たちと共に、国連機関等とも協働しているプロジェクト。今回の『Find the Friend in Me』の楽曲プロデュースはボイス・オブ・ユース JAPANプロジェクトをサポートしている音楽クリエイターチームのTEAM 3 NINが担当。

Matthew Morrison with Voice of Youth JAPAN『Find the Friend in Me』Lyric Video

本日配信と同時に公開された『Find the Friend in Me』リリックビデオは、東京大学大学院在学中の萩野聡子が制作。メッセージが伝わりやすいように日本語の翻訳が入った、穏やかで、あたたかみがあるアニメーションのリリックビデオになっている。

あわせて、マシュー・モリソンのレコーディングシーンや本人からのメッセージコメントが入ったティザーも公開された。

Matthew Morrison with Voice of Youth JAPAN『Find the Friend in Me』Teaser

今後もボイス・オブ・ユース JAPANプロジェクトはさまざまなアーティストの楽曲でメッセージを届ける予定とのこと。