楽しいニュースをまとめてみました。

「花とゆめ」(白泉社)で連載中の師走ゆきによるマンガ『多聞くん今どっち!?』がアニメ化されることが発表された。

『多聞くん今どっち!?』は累計発行部数が電子書籍を含め100万部を突破、『このマンガがすごい!2023』でオンナ編第9位、「次にくるマンガ大賞 2023」コミックス部門6位にランクインする人気作。

主人公の高校生・木下うたげが、ある日ハウスキーパーのバイトで向かった先が、なんと自分が推している大人気アイドル・F/ACE(フェイス)の福原多聞くんの家。しかも、多聞くんの本性はセクシー&ワイルドなアイドル姿とは真逆。自己肯定感が低い彼を全力でサポートすることになるという、オンオフ激しめな推し活ラブコメ。

アニメ化決定を受けて、原作・師走ゆきが描き下ろしたお祝いイラストが到着。アイドル全開の多聞くんと全力推し活中のうたげが描かれている。また、このイラストを使用した「祝☆福原多聞生誕祭 2024 スペシャルムービー」も公開中。

<原作・師走ゆきコメント>
♡アニメ化を受けて、今のお気持ちや、ファンの皆様にメッセージをお願いします!
自分の漫画がアニメになるのはずっと夢だったのでとても嬉しいです…! アニメでうたげ達がどのように喋って動くんだろう、とわくわくしております。特に、文字と絵だけでは F/ACE の音楽の表現ができないため、声優さんの声によってどんな曲が生み出されるのか今から興味津々です。現在アニメスタッフの皆さんがバリバリ準備してくださっているので、作者としてできるお手伝いをしながら楽しみに放送を待ちたいと思います!

さらにアニメ公式サイトも公開され、出演するキャストとメインスタッフが発表された。早見沙織(木下うたげ役)、波多野 翔(福原多聞役)、千葉翔也(坂口桜利役)、畠中 祐(橘 敬人役)、天﨑滉平(石橋ナツキ役)、長岡龍歩(甲斐倫太郎役)が決定。各キャストからの作品の魅力や出演する意気込みなどを語ったコメントも到着している。

<早見沙織(木下うたげ役)コメント>
♡「多聞くん今どっち!?」の印象や魅了をお聞かせください。
登場キャラクターたちの個性とギャップが面白く、ギャグとシリアスのバランスも絶妙で、読み始めたら止まらなくなりました。どんな状況でも揺るがぬ推しへの愛に溢れていて、それが暴走するくらい激しく、またときには真摯に繊細に、いろんな形で描かれているので、映像化が今から楽しみです。

♡ご自身が演じるキャラクターの印象や本作への意気込みをお願いします!
オンとオフの切り替えが激しすぎる多聞くんに「おれよりオンオフ激しくないですか…」と言わしめるうたげちゃん。表情豊かで、時には暴走するけれど、根底に大きく真っ直ぐな想いがあるのが可愛らしい人だと思います。オーディションの原稿が、同一人物と思えないくらいギャップがあったので、全開で臨みました。声を担当できるとわかった時はとても嬉しかったです。本番の収録でも、心に多聞教プラカードを掲げながらアフレコしたいと思います!そして多聞くん、お誕生日おめでとうございます!

<波多野 翔(福原多聞役)コメント>
♡「多聞くん今どっち!?」の印象や魅了をお聞かせください。
うたげや多聞くん、F/ACE のメンバーがたくさんの人との関係を通じて成長していく物語! そしてメンバーそれぞれに表舞台と私生活で異なる表情があるところや、アイドルとファンの間で芽生えていく一つの愛の形を感じられる温かいところも、本作品の魅力的な部分だと感じています。

♡ご自身が演じるキャラクターの印象や本作への意気込みをお願いします!
多聞くんの最初の印象は、根暗で、自己肯定感が低くて・・・アイドルとはかけ離れた人——という印象でした。しかし、原作で多聞くんの色んな姿を見ていくと、努力家で負けず嫌いで、心優しい人なんだと思うようになりました。そんな多聞くんを「演じる」のではなく、多聞くんそして F/ACE のメンバーと一緒に色んな景色を見ていけるよう、「二人三脚」で頑張りますのでよろしくお願いします!

<千葉翔也(坂口桜利役)コメント>
♡「多聞くん今どっち!?」の印象や魅了をお聞かせください。
うたげさんの熱量高めな応援や語彙は大いにコミカルさをもって描かれていますが、自分が応援する多聞くんの姿と素の彼を混同せずハッキリ分ける事で逆にどちらも上手く見ている、人としてのまっすぐさは目から鱗でした。だからこそ読んだ時も「応援しているアイドルと距離が縮まったからもうゴールだね」とはならずにいられる角度がすごいなと。そんなハイテンションな展開の中にも、多聞くんを元気づける言葉などは心に刺さる説得力があり、非常にぐっと来ます。F/ACE のメンバーがそれぞれ抱える思いがリアルさも伴うので、トップアイドルである彼らにも親しみや共感が持てて読んでいてとても楽しい作品でした。

♡ご自身が演じるキャラクターの印象や本作への意気込みをお願いします!
プロ意識の高い人物です。オーディションでは、桜利の仕事の顔と軸となるバックボーンやメンタルの違いを意識して臨んだので、さらに突き詰めたいです。いち役者としては、尊敬しつつ共感できる部分が多く、その繊細な気持ちの変化をしっかり表現したいです。どういう気持ちのきっかけで今その言葉を選んだのか、常に念頭に置いて考えて演じたいです。他のキャストの皆さんとで出来上がる、作品と F/ACE の空気がとっても楽しみです。アイドルモードの桜利達がうたげだけではなく視聴者の方々にもしっかり魅力的に映るように、二重に役作りをする気持ちで頑張ります。

<畠中 祐(橘 敬人役)>
♡「多聞くん今どっち!?」の印象や魅了をお聞かせください。
僕らは演者側なので、お手紙や、直接顔を見れるイベントなどで、ファンの皆様に支えられてる実感を得るのですが、ここまでファン側の内面を知れるのはなんだか楽しくて、ぐんぐん読んでしまいます! もちろん僕らは声優なので、また全然違うのですが、本当に、愛情というのはこんなにも面白く、そして優しいのですね、、!! そんなことを教えてくれる作品です!

♡ご自身が演じるキャラクターの印象や本作への意気込みをお願いします!
F/ACE のリーダーであり、一見物腰柔らかく、優しく、甘い印象がありますよね。一見。もうどんな人物なのかは、この作品に出会って確認してもらいたいですが、どちらにせよやったことない役柄。しかもリーダーです。身を引き締めて頑張ります!!よろしくお願いします!!

<天﨑滉平(石橋ナツキ役)>
♡「多聞くん今どっち!?」の印象や魅了をお聞かせください。
うたげちゃんと F/ACE のメンバーとのやり取りが見ていてほんと面白いです。自分は元々アニメ、漫画、ゲーム、声優の濃いめのオタクだったので、作品や人を『推す側の気持ち』がすごく分かるし、今は声優として、人様に『推される気持ち』も多少ですが分かるようになりました。なのでこの作品には多くの共感や感動があり気がついたら夢中で読んでいました。でも天﨑的には、本当はこの作品って誰もが共感できるあるものがテーマなんじゃないなとも思っています。奥深い作品です。

♡ご自身が演じるキャラクターの印象や本作への意気込みをお願いします!
石橋ナツキくん。好きです。表の顔と裏の顔なんてよく言いますけど、じゃあ裏の顔が本物で表がウソかっていったら、そんなことないと僕は思うんです。表で見せている姿には、愛とか情熱とかいろんな想いがこもってたりするんですよね。いい演者であればあるほど、そこに『本物』が詰まってるんだと僕は思います。だから素敵に輝くのかなと。この作品は裏の顔をネガティブなものとしてだけじゃなく、その人の人間らしさ、魅力として描いているのが素敵だなって思いました。なので僕はナツキくんの『本物』をしっかり演じられるように頑張ります!!

<長岡龍歩(甲斐倫太郎役)>
♡「多聞くん今どっち!?」の印象や魅力をお聞かせください。
推しのウラの顔って見たいようで見ちゃいけないような、でもやっぱり見たい! そういったもどかしい気持ちが押し寄せてきます!! ニヤニヤが止まりません。どのキャラクターも魅力的で、この子推しになるだろうな~と思って読み進めてたら、あれ?この子もいいな!の連続です。気づいたら皆んな好きになってて結局選べない! というくらい全キャラ魅力的ですので、ぜひご注目ください!!

♡ご自身が演じるキャラクターの印象や本作への意気込みをお願いします!
オモテの倫太郎くんは一言喋るだけで発声を感謝されるほど無口で、ミステリアスな雰囲気に包まれた謎多き男の子です。ウラの姿は‥どうぞ楽しみにお待ちください。グループの中ではラップパートを担当していますので、これから僕もラップを猛練習したいと思います!! そして倫太郎くんはがっしりとした体形で素晴らしい筋肉を有しています。僕も筋肉と対話し収録に臨みます!!

また監督を永岡智佳、アニメーション制作をJ.C.STAFFが担当することも発表された。うたげの推し活はもちろん、アイドルグループ・F/ACE の音楽活動やオンオフ激しめな一面をアニメでもお届けしていくとのこと。アニメ『多聞くん今どっち!?』のさらなる情報を待ちたい。